東京でリフレクティックスを選ぶなら株式会社辰建

株式会社辰建 > サービス概要 > リフレクティックスの特長

リフレクティックスの特長

リフレクティックスとは

リフレクティックスとは

リフレクティックスは、もともと宇宙船や宇宙服に使用する「反射絶縁材料」として、アメリカのリフレクティックス社が開発した素材です。その優れた反射技術を進化させ、店舗や工場など多くの建物で使えるシンプル構造体のリフレクティックスが登場しました。
厚さはわずか8mm。2枚の高純度アルミホイルのあいだに、3枚のポリエチレン、2枚のバブルポリエチレンシートを挟んだ7層構造で、これらを最先端のプラズマ方式により接着させることで接着剤を一切使用しない遮熱材を実現しました。

 

辰建だからできるリフレクティックスの遮熱工法とは?

リフレクティックスの主な特長

夏の暑さ対策
夏の暑さ対策

断熱材をはじめ、ほとんどの建材は輻射熱の反射率が低く外部の熱を吸収します。リフレクティックスは、輻射熱を反射させることにより室内の冷気を保ちます
リフレクティックスの輻射熱反射率は99%。室内から発生する冷エネルギーを外部に逃さず室内に戻してくれます。

冬の寒さ対策
冬の寒さ対策

輻射熱吸収率1%のリフレクティックスは、室外の冷気に対しても同等の効果を発揮します。
室内の暖気も逃がさないので、暖かい快適な環境を保ちます。

省エネでランニングコストを削減
省エネでランニングコストを削減

リフレクティックスを採用することで「夏は涼しく冬は暖かい」空間を常に保て、エアコンの稼働率も下がります。
実際に、従来の断熱材と比べて電気代が50%以上の削減につながった事例もあるほど。店舗・工場の光熱費削減に貢献します。

環境にやさしい
環境にやさしい

リフレクティックスは節電効果とともに、CO2削減にも貢献します。また、7層構造のリフレクティックスは接着剤を一切使っていません。
再利用も可能で、環境にもやさしいエコロジー製品です。

結露・カビ対策
結露・カビ対策

従来の発泡系断熱材だと、多孔質と云われる「空気の微小孔」に湿気が蓄積されやすく、緩和状態になると水(結露)となります。
しかし、リフレクティックスは湿気や蒸気の貫通を防ぐため、結露が発生しません。高温多湿な環境の場合、カビ対策にも効果的です。

省設置スペース
省設置スペース

超薄型の遮熱シート・リフレクティックスの厚さは、わずか8mm
分厚い発泡系断熱材を使用している店舗や工場、倉庫などでは、建替えの際に壁の厚さを縮小させることができ、スペースをより広く確保することも可能です。

多様な用途

リフレクティックスは、施工のしやすさも特長のひとつ。壁や天井以外にも、さまざまな場所に設置できます。

床暖房システム
床暖房システム

床下に一層貼ることで床全体を快適に保つほか、湿気もカット。細菌やカビを防止します。

ダクト・配管保温
ダクト・配管保温

ダクトやパイプにリフレクティックスを巻くことで、熱損失、熱取得、空気漏れを防ぎます。

保冷車・冷蔵庫
保冷車・冷蔵庫

保冷車や冷蔵庫の壁内にリフレクティックスを使うことで、保冷効果のアップにつながります。

シーフード・薬品等の輸送箱
シーフード・薬品等の輸送箱

熱で品質の変化が心配されるシーフード、薬品、精密機器、野菜などの輸送・保管に最適です。

施工事例はこちら

断熱材との違い

断熱材との違い

従来の発泡系断熱材は、しばらくは熱を防ぎますが大量の熱をため込んでしまう特性があります。また空気よりも伝導性が高く、その表面は90%を超える熱放出度となり、日中も夜も熱線を建物内部に放出してしまいます。
リフレクティックスは熱を99%反射し、さらに吸収した残りの1%はエアーキャップにより熱の伝導を阻止。アルミホイルの低熱放出性、空気の低熱伝導性の利点から、両面に空気層を合わせ持つことで輻射熱を反射して伝導熱を断熱することができます。

断熱材と比較シュミレーション

動画コンテンツを見る